平戸の自然や史跡、キリシタン文化は長崎より古いといわれています。出島以前から南蛮貿易の中心地として異文化の窓口となっていました。
今もその面影を残し、ポルトガルだけでなく中国・朝鮮など多数の国との貿易によって混ざった、独特の文化の跡が多く残っています。
シルバータクシーのトップページへ戻ります
シルバータクシー株式会社 総合ご案内:0956-28-1879(午前9時〜午後5時)
タクシーで名所をめぐるプラン紹介!
九十九島や西海パールシーリゾートの自然たっぷりの佐世保観光。三川内焼の窯元見学もこちらから!
歴史とロマンの島「平戸」。南蛮文化・キリシタン文化の伝来にちなんだ有名な史跡をめぐるコースです!
シルバータクシーの会社概要
さまざまなサービスをご用意しています!ご利用ください。
車両案内:いろいろなシチュエーションに合わせて車種もお選びいただけます。
シルバータクシーへのお問い合わせはこちらから。
ドライバー(乗務員)の採用情報です。
シルバータクシーのトップページへ戻ります

シルバータクシー株式会社【本部】
総合お問い合わせ
 
TEL(0956)28-1879
(AM8:30〜PM17:30)
長崎県佐世保市
日野町1882-2
シルバータクシーの営業所【佐世保・平戸】
佐世保営業所
 
TEL(0956)28-3383
   (0956)28-2651
長崎県佐世保市
日野町1882-2
平戸営業所
 
TEL(0950)23-2441
長崎県平戸市
岩ノ上町226-1
 

平戸の観光


| 展望コース | カピタンコース | ジャガタラコース | 史跡コース | 

| キリシタンコース | 全島コース | 生月島コース |



展望コース
普通車 ジャンボ 所要時間
料金については営業所へお問い合わせください
30分以内
オンラインからのご予約【川内峠】
おおよそ標高200米余に広がる30haの草原です。頂上からは絶好のパノラマで、東に九十九島及び西九州の連山、北に松浦湾や玄界灘、遠くは壱岐・対馬を望み、西に東シナ海や五島列島を一望に収め、眼下に古江湾や小富士、生月、大島と西海国立公園随一の景観を充分に楽しむことができます。

[ コース順路]
ターミナル〜川内峠〜ターミナル

※料金には入館料・入場料・拝観料を含みません。
▲ページ上へ


カピタンコース
普通車 ジャンボ 所要時間
料金については営業所へお問い合わせください
1時間30分


オンラインからのご予約【オランダ商館跡】
1609年5月、オランダ船が初めて平戸に入港。藩主隆信は歓迎し商館建設の許可を与えた。1611年に住居と倉庫を新築。1616年、さらに倉庫と防波堤(常燈の鼻)を築き、1618年の大増築でオランダ堀が築かれました。今もオランダ堀、オランダ井戸、民家とオランダ倉庫の境界線を表す壁、オランダ埠頭、常燈の鼻が残っています。

【松浦史料博物館】
博物館のある敷地は、江戸時代初期のオランダ・イギリス貿易当時平戸藩主の屋敷があった所です。
平戸や松浦家の歴史を物語るもの約300点が展示されています。また、博物館庭の茶室閑雲亭では武家茶道鎮信流による抹茶を体験することができます。

【六角井戸】
県指定の福江市の六角井とともに、井戸の形が従来の日本の井戸と異なり、特異なものであるところから、唐人関係、倭寇関係遺跡として伝承されているが、あきらかではない。

【大蘇鉄(ソテツ)】
オランダ、イギリスの交易華やかな頃、延命町(いまの浦の町)は、川崎屋助右衛門、半田五右衛門、伊藤某等の貿易商が軒を並べて、平戸一番の賑わいを見せた所であった。この浦の町裏通り、天満宮登り口に、大きく枝を四方に伸ばしている老ソテツは、川崎屋全盛時代に植えられたものといわれている。

[ コース順路]
オランダ商館跡、松浦史料博物館、六角井戸、大蘇鉄、
寺院と教会の見える風景、平戸城、オランダ橋、川内峠。

※料金には入館料・入場料・拝観料を含みません。
▲ページ上へ


ジャガタラコース
普通車 ジャンボ 所要時間
料金については営業所へお問い合わせください
2時間以内



オンラインからのご予約【寺院と教会の見える風景】
平戸港を一望する勝尾岳では、カトリック教会の尖鋭な屋根と十字架、そして正宗寺・光明寺・瑞雲寺の瓦屋根が、日本と西洋の文化を交差させている平戸の象徴的な風景を楽しむことができます。

【平戸城】
平戸城は、別名亀岡城と呼ばれ、平戸瀬戸に突出した平山城である。 第29代天祥鎮信は、平戸古城の再築(日の岳城を1599年築城、1613年焼く)を図り、山鹿素行と共に設計を行い、1704年30代雄香棟が着工、1718年(享保3)31代松英篤信の時亀岡城として落成した。 山鹿流による築城は他には聞かれない。 現在の城は1962年(昭和37)復元(天守閣三層五階建)され、その後櫓も随時整備された。天守閣からの眺めは素晴らしい。

【幸橋(さいわいばし) (オランダ橋)】 (国指定文化財)
船で往来していた城と城下町に、1669年第29代松浦鎮信が木橋を架け、「幸橋」と呼ばれていました。さらに1702年第30代松浦棟が石橋に改架して「オランダ橋」と呼ばれ、現在は、改修復元された橋が架かっています。

【梅ヶ谷津偕楽園】

松浦家第35代藩主観中熈(ひろむ)の別邸で1816年(文化13)に建てられたものです。
観中熈は、文学、美術を愛好した文化人であった一面、大いに殖産(産業を盛んにすること)を奨励したとされています。
現在、美術品等が展示されています。
「真写楼」の額が揚げてある茶の間からは、九十九島の美しい景観を見晴らすことができます。

[ コース順路]
オランダ商館跡、松浦史料博物館、六角井戸、大蘇鉄、
寺院と教会の見える風景、平戸城、オランダ橋、川内峠、
梅ヶ谷津偕楽園。

※料金には入館料・入場料・拝観料を含みません。
▲ページ上へ


史跡コース
普通車 ジャンボ 所要時間
料金については営業所へお問い合わせください
3時間以内
オンラインからのご予約【鄭成功廟(ていせいこうびょう)】
川内浦の北東側の小さな丘を丸山と呼ぶ。その頂上に川内が生んだ明朝末期の混血の英雄であった鄭成功廟があります。
台湾の台南に「明延平郡王祠」という廟があり、鄭成功とその母マツの神位が祀られています。
大戦中は、開山神社と呼ばれ毎日神官が祝詞をあげていたといわれています。
1962年(昭和37)台南「明延平郡王祠」から鄭成功の分霊をうけ、ここ丸山に廟を建立し「鄭成功廟」として祀っています。

[ コース順路]
オランダ商館跡、松浦史料博物館、六角井戸、大蘇鉄、
寺院と教会の見える風景、平戸城、オランダ橋、川内峠、
梅ヶ谷津偕楽園、鄭成功廟。

※料金には入館料・入場料・拝観料を含みません。
▲ページ上へ


キリシタンコース
普通車 ジャンボ 所要時間
料金については営業所へお問い合わせください
4時間以内

オンラインからのご予約【カトリック紐差教会(ひもさしきょうかい)】
平戸島の中央、紐差の丘にある、白い大天主堂のカトリック紐差教会。
外部はロマネスク様式で、教会建築の第一人者といわれる鉄川与助の設計。
日本最大級の天主堂です。

【根獅子(ねしこ)海水浴場】
青く澄んだ空、透明感溢れる海、どこまでも続く白い砂浜で有名な根獅子海水浴場は、切支丹(キリシタン)弾圧の地としても知られています。殉教者の血が流された浜を昔は聖地として、歩く場合は素足になったといわれています。
この砂浜は、約1キロにも及び、
現在、夏には海水浴客で大変賑わっています。

【切支丹(キリシタン)資料館】
資料館のある根獅子地区は、キリシタン禁教以来殉教の地となったが、追及の手を逃れるため、信者達は表面上、仏教徒となり隠れてキリスト教の信仰を続けていました。
1873年(明治6)禁教令が解かれましたが、納戸神(潜伏切支丹)の信仰を続けていたそうです。
しかし、近年世代交代とともに信仰が薄れつつあり、祭具などの散逸が危惧されるため、1982年(昭和57)切支丹資料館を建設し、資料を収集展示し、保存に努めています。

[ コース順路]
オランダ商館跡、松浦史料博物館、六角井戸、大蘇鉄、
寺院と教会の見える風景、平戸城、オランダ橋、川内峠、
梅ヶ谷津偕楽園、鄭成功廟、カトリック紐差教会、
根獅子海水浴場、切支丹資料館。

※料金には入館料・入場料・拝観料を含みません。
▲ページ上へ


全島コース
普通車 ジャンボ 所要時間
料金については営業所へお問い合わせください
5時間以内
オンラインからのご予約キリシタンコースと、
南部方面への観光を組み合わせたコースです。


[ コース順路]
オランダ商館跡、松浦史料博物館、六角井戸、大蘇鉄、
寺院と教会の見える風景、平戸城、オランダ橋、川内峠、
梅ヶ谷津偕楽園、鄭成功廟。  + 南部方面の観光

※料金には入館料・入場料・拝観料を含みません。
▲ページ上へ


生月島コース
普通車 ジャンボ 所要時間
料金については営業所へお問い合わせください
3時間以内

 

オンラインからのご予約【生月大橋】
平戸島と生月島を繋ぐ大橋。
青色の橋は海面に美しく映え、観光客の目を楽しませる。
生月島は、歴史的にも景観的にも「みどころ」いっぱいの島。


[ コース順路]
生月島内

※料金には入館料・入場料・拝観料を含みません。
▲ページ上へ

平戸観光協会「達人Navi平戸」他より引用


シルバータクシー株式会社
【平戸営業所】  TEL:0950-23-2441